めまいについてご相談ください(日本めまい平衡医学会めまい相談医)

Tel: 03-3413-2062

【小林耳鼻咽喉科医院】 世田谷の耳鼻咽喉科 めまい 耳鳴り アレルギー性鼻炎 耳鼻科

東京都耳鼻咽喉科医会に参加しました

今日は気温が下がってかなり寒い1日になりましたね。

 

11月30日土曜日は東京都耳鼻咽喉科医会に参加しました。

 

 

会場はベルサール新宿グランドです。

 

 

最初の講演は、諏訪中央病院 耳鼻咽喉科

増山 敬祐先生

「鼻アレルギーの診療 Up To Date」

 

 

近年花粉症患者さんの低年齢化が進んでいます。

 

 

スギのエキス製剤を舌下部から体内に取り入れる

舌下免疫療法は、従来の注射による免疫療法と比べて、

自宅で実施できる取り組みやすい治療法です。

 

皮下注射による方法では

アナフィラキシーショックをはじめ、

過度な反応を誘発する懸念がありますが

そのような副作用が少ない点もメリットです。

 

発表ではこれまでのデータが提示されましたが

有効率は約80%とかなりの効果が期待出来ます。

 

 

舌下免疫療法の治療経験のある科

(赤い■)は耳鼻科のみでなく、

皮膚科や内科でも実施されています。

 

小児期に舌下免疫療法を開始すると

気管支喘息の発症を抑制できるとの発表がありました。

 

欧州11カ国(101医療機関)で実施された

ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験です。

 

2010年から2015年までの5年間、

5-12歳のイネ科花粉症(鼻結膜炎)患児

608例(実薬群300例、プラセボ群308例)

を対象とした研究で、

イネ科のオオアワガエリ(チモシー)花粉舌下錠(Grazax)

またはプラセボを3年間投与し、その後2年間観察しました。

 

 

主要評価項目は、実薬またはプラセボへの割り付け後から

喘息発症までの期間(日数)です。

 

副次的評価項目は、鼻眼症状スコア、薬物スコア、

免疫学的変化(血清特異的IgE、IgG4抗体価)、

試験終了時(花粉飛散後2-6週)の

喘息症状や喘息治療薬の有無です。

 

結果は、主要評価項目(喘息発症までの期間)で

両群間に有意差を認めず

副次的評価項目に規定した

試験終了時の喘息症状の有症率や

喘息治療薬の使用率は、実薬群で有意に低下しました。

 

鼻眼の症状については投与1シーズン目から

有意な効果が見られ、この効果は治療終了後

2年間を通じて確認されました

 

喘息治療薬の使用率は舌下免疫療法2シーズン目から、

喘息症状の有症率は舌下免疫療法終了後の4シーズン目から

有意な低下が見られています。

 

 

舌下免疫療法の

治療は11月までに開始することが推奨され、

遅くとも12月初めには投与を開始する必要があり

今シーズンに開始できない方は

来年6月以降に開始することになります。

 

 

舌下免疫療法の現状についての解説を聞き

大変勉強になりました。

 

 

 

続いて杏林大学 保険学部臨床検査技術学科

小林 治先生

「ウイルス感染の最新情報;

2020オリンピック・パラリンピック東京大会を前に

臨床医が知っておくべきこと」

 

 

来年のオリンピック・パラリンピック東京大会では

多くの外国人観光客が入国するため

海外から入って来る伝染性疾患の対策が必要です。

 

 

麻疹は麻疹ウイルス

(パラミクソウイルス科 Morbillivirus属)

による感染症です。

 

 

感染経路は空気感染のほか、

飛沫や接触感染などで感染力はきわめて強く、

麻疹の免疫がない集団に1人の発症者がいると、

12~14人の人が感染するとされています

(インフルエンザでは1~2人)。

 

世界で毎年2000万人が発症していて、

ウクライナ、インド、ブラジル、フィリピン、マダガスカル

などに多く発生している状況です。

 

 

麻疹ウイルスの感染後、

10~12日間の潜伏期ののち発症します。

 

前駆期(カタル期)には

38℃前後の発熱が2~4日間続き、

上気道炎症状(咳、鼻みず、くしゃみなど)と

結膜炎症状(結膜充血、目やになど)が現れます。

 

麻疹に特徴的なコプリック斑が

熱が下がった頃頬粘膜に認められます。

 

 

次いで発疹期には耳介や頸部に皮診が現れ

24時間以内に顔面、上肢、胸部に広がります。

 

回復期に皮診が融合して不規則な紅斑になり

色素沈着を来します。

 

 

予防接種が最も有効な予防法となります。

麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)の

ワクチン1回接種による免疫獲得率は93~95%以上、

2回接種による免疫獲得率は97~99%以上とされています。

 

 

麻疹患者さんに接触した場合、

72時間以内に麻疹ワクチンの接種をすることで、

発症を予防できる可能性があります。

 

 

風疹は風疹ウイルス

(直径60~70nmのエンベロープ(被膜)

をもつRNAウイルス)による伝染性の疾患です。

 

 

1800年代にはドイツ人医師 de Bergen が

Röethelnとして存在を確認しており

麻疹に似た症状を示すことから

「German measles(ドイツ麻疹)」と呼ばれました。

 

1841年にインドで大流行があった時に

初めてRubella(風疹)の名前がつき、

1866年にVealeが「Rubella」と呼ぶ事を提唱して

現在に至っています。

 

 

2~3週間の潜伏期間後に発症し、

発熱、全身性の小紅斑や紅色丘疹、

リンパ節腫脹(頚部、後頭部、耳介後部)が出現します。

 

発熱・発疹は3~5日程度で消退するため、

「三日ばしか」とよばれます。

 

予後は良好で、麻疹のように

発疹のあとが長く残ることもなく軽快しますが

成人では重症化しやすく、

発熱や発疹の期間が小児より長くなり、

関節痛が酷くなることが多いとされています。

 

妊娠20週頃までの女性に感染すると、

出生児が先天性心疾患、難聴、白内障や、

精神や身体の発達の遅れなどを来す

先天性風疹症候群に罹患する可能性があり

ワクチンによる予防が重要となります。

 

風疹に対するワクチン接種時期により

男性の一部の年代は免疫が備わっていない場合があります。

 

 

麻疹や風疹が疑われた場合には

抗体価を測定します( EIA 法あるいはPA 法)

 

 

水痘や流行性耳下腺炎に関しても

抗体価の評価方法を総括していただき

これまでの知識を再確認しました。

 

 

その他にもデング熱腸管出血性大腸菌感染症など

についても解説がありました。

 

 

多くの知識を吸収できて大変勉強になりました。

 

これからも積極的に勉強会に参加したいと思います。