めまいについてご相談ください(日本めまい平衡医学会めまい相談医)

Tel: 03-3413-2062

【小林耳鼻咽喉科医院】 世田谷の耳鼻咽喉科 めまい 耳鳴り アレルギー性鼻炎 耳鼻科

梅雨の季節に起こる病気とは

6月になり、最近は気温が急に上がったり,

突然雨が降ったりで

気圧の変化がかなり激しくなっています。

 

 

外来でもめまいや耳鳴り 難聴を訴えて受診される方が多く

この時期に体調を崩される人も増えています。

 

 

低気圧や台風が近付くと

耳の鼓膜の奥にある三半規管や、蝸牛の中にあるリンパ液が

気圧の影響で容量が変化してしまい

耳の中の循環が悪くなるため

めまいや難聴、耳鳴りが起こりやすくなります。

 

naiji_1

 

最近では内耳に気圧の変化を感知する

気圧センサーが存在することがわかってきました。

 

 

今まで梅雨の季節に

耳鳴りや耳が詰まった感じなどの症状が出たり

吐き気やめまいなど体調が悪くなっている方は

身体の中に余分な水分がたまった状態となる

水毒という病態にある事が考えられます。

 

 

最近の研究では

細胞膜の水透過性を調節するアクアポリンという

水チャンネルが注目されています。

 

 

アクアポリンは細胞膜上にあり

水を通すためのトンネルを開けている分子で

一秒間に100億個の水が通過しています。

 

 

細胞膜の透過性に関連しており

アクアポリンに対する漢方薬(五苓散)

の利水作用が研究されています。

 

 

組織の修復や免疫応答にもアクアポリンが関連しており、

水毒の病態と漢方薬に含まれる生薬の作用機序から

水分代謝に問題がある多くの病気に対して

漢方薬が有効である事が理論的に証明されて来ています。

 

 

また漢方薬の中には

片頭痛に対して使用する呉茱萸湯(ごしゅゆとう)など

効果が比較的早く発現する薬もあります。

 

 

患者さんの中には、当院で初めて受けた漢方治療で

めまいなど長年お困りの症状が改善して

大変感謝される事も多く、漢方薬の効果を実感します。

 

これからも引き続き漢方薬の勉強を続けていきたいと思います。