めまいについてご相談ください(日本めまい平衡医学会めまい相談医)

Tel: 03-3413-2062

【小林耳鼻咽喉科医院】 世田谷の耳鼻咽喉科 めまい 耳鳴り アレルギー性鼻炎 耳鼻科

漢方セミナーに参加しました

今日は晴れて気持ちの良い1日でしたね。

 

 

昨日は夜から漢方セミナーに参加しました。

 

 

講師は竹越耳鼻咽喉科の 竹越 哲男先生

 

 

「西洋学的病態に生薬構成を考えて漢方を使う」

と題して漢方薬の使い方についての講義です。

 

 

漢方の構成生薬を理解して

その作用機序から治療を考えると理解が深まります。

 

 

耳鼻科医の健康法でも書きましたが、

風邪の初期に使われる葛根湯は

自分でも良く内服しています。

 

構成成分の麻黄が水をさばいて身体を温める作用があります。

 

 

さらに桂枝 芍薬 甘草などの作用機序についても

詳しく説明があり、

葛根湯が風邪の初期に有効な理由として納得できて

とてもわかりやすかったです。

 

 

女性のめまいに漢方薬

でも解説しましたが、

めまいに使用する漢方薬の中では

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)を

最も良く処方しています。

 

 

竹越先生は疾患ごとに病態を考えて漢方を選択しています。

 

 

OD(起立性低血圧)

H-VBI

(Hemodynamic VBI 血行動態性椎骨脳底動脈循環不全)

メニエール病のほか

肩こり関連めまいという概念につき解説がありました。

 

 

めまいが主訴で血圧が低い方の中に、

自覚症状で難聴がないにもかかわらず、

聴力検査で両側の低音部の難聴が見られる方がいます。

 

 

 

血圧が低い女性でパソコンを長時間見ている方

育児やストレス、睡眠不足や緊張状態が続いている方に

多く見られる病態です。

 

 

肩こりの治療だけでは対処が難しい

このような方に対する漢方の使い分けについて

新たに知識が増えて大変勉強になりました。

 

 

さらに糖尿病に合併する突発性難聴に使用すると

効果的という六味丸の解説もありました。

 

 

糖尿病の方に治療でステロイド剤を使うと

血糖のコントロールが非常に難しくなるため

今まではすべて突発性難聴の患者さんは

大学病院に紹介していましたが

症例によってはまず漢方治療で様子を見ることも可能だと

認識を新たにしました。

 

 

いろいろな事を新たに勉強出来て

大変有意義なセミナーでした。

 

これからも勉強会に積極的に参加して行きたいと思います。