めまいについてご相談ください(日本めまい平衡医学会めまい相談医)

Tel: 03-3413-2062

【小林耳鼻咽喉科医院】 世田谷の耳鼻咽喉科 めまい 耳鳴り アレルギー性鼻炎 耳鼻科

東京都耳鼻咽喉科医会に参加しました

今週も連日寒い日が続きましたね。

 

 

土曜日は

東京都耳鼻咽喉科医会の学術講演会に出席しました。

 

 

 

あらし耳鼻咽喉科医院 嵐 裕治先生の

「医療保険と医療経済」

 

 

1961年国民皆保険となって以降

日本の医療レベルは

世界的に見ても高水準を保ってきましたが

近年の少子高齢化社会や雇用形態の変化により

重病の高齢者にかかる医療費が増大し

国家予算に占める医療費の割合も

かなりのものとなっています。

 

 

今後はいかにして医療費を抑制して

レベルの高い医療を続けるかについての

具体的な方法を検討する段階に来ています。

 

 

医療経済についてのお話しは

普段なかなか聞けないため

大変参考になりました。

 

 

引き続き

帝京大学医学部 眼科学准教授 三村 達哉先生の

「今年もほっておけない

花粉症を悪化させる黄砂とPM2.5」

 

 

昨年9月に

世田谷区耳鼻咽喉科医会の学術講演会

でも講演をされていて

今回の発表はさらに発展した内容でした。

 

 

PM2.5とは大気中に浮遊している

2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、

従来から環境基準を定めて対策を進めてきた

浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも

小さな粒子です。

 

 

PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、

肺の奥深くまで入りやすく、喘息や気管支炎など

呼吸器系への影響が疑われています。

 

 

黄砂は粒子の大きさが4μm付近の物が多く

黄砂とPM2.5の影響で花粉症症状が増悪することや

 

 

スギ花粉の粒子が眼球表面の涙で破裂して

抗原抗体反応が起こり

涙や目のかゆみが引き起こされるメカニズム

点眼薬が効果を発現する反応経路

アレルギー性結膜炎の所見と

流行性角結膜炎との鑑別など

いろいろな眼科の知識を吸収できて良かったです。

 

 

最後は

東邦大学 医療センター大森病院 耳鼻咽喉科 教授

和田 弘太先生

「鼻副鼻腔の様々な疾患について」

 

副鼻腔炎と鑑別が必要な鼻腔腫瘍や

悪性を疑う所見

治療法と手術の要点など

実践的な解説があり、大変参考になりました。

 

 

かなり長時間の講演でしたが

大変有意義な会でした。

 

 

これからも積極的に勉強会に参加しようと思います。