めまいについてご相談ください(日本めまい平衡医学会めまい相談医)

Tel: 03-3413-2062

【小林耳鼻咽喉科医院】 世田谷の耳鼻咽喉科 めまい 耳鳴り アレルギー性鼻炎 耳鼻科

おたふくかぜで難聴に

今日は連休ですが、大型台風の影響で一日中雨でしたね。

 

 

おたふくかぜはムンプスウイルスによる感染症です。

耳の下にある耳下腺の腫れや高度の発熱、睾丸炎などが起こります。

 

 

潜伏期は二週間で、ウイルスの感染力が強く

流行性耳下腺炎とも言われ、合併症として高度の難聴があり

成人が感染すると重症化する傾向があります。

 

 

日本耳鼻咽喉科学会が全国調査したところ、

2015年から2016年にかけて、少なくとも336人の

ムンプス難聴となった方がいることが判明しました。

 

 

ムンプス難聴の詳細が判明した314人の約8割に当たる261人が、

日常生活に支障を来す高度難聴または重度難聴だったとの事です。

 

また両耳とも難聴となった14人のうち11人は、

補聴器を使ったり人工内耳を埋め込んだりしました。

 

 

ムンプス難聴に罹患した方の約半数に当たる154人が

5〜10歳で、子どもが難聴になるケースが多く見られました。

一方で子育て世代の30代の患者さんも目立ちました。

 

 

ワクチンはかつて混合ワクチンとして定期接種されていましたが、

副作用が問題になり1993年に中止され、

その後はおたふくかぜワクチン単独の任意接種となりました。

現在接種率は3〜4割程度にとどまっています。

 

 

日本耳鼻咽喉科学会は

「先進国で定期接種でないのは日本だけ。

急に何も聞こえなくなって一生後遺症に苦しむ現実がある」

として予防接種を勧めています。

 

 

 

ムンプス難聴は一度なると二度と回復しないので

小さなお子様は予防接種を受けておいた方がいいですね。